冷えと悪阻・逆子の関係って知っていますか?!

妊娠中の冷えが良くない事は、知っていますよね。

では冷えが、どのように悪阻と逆子に影響してくるのか、お話ししていきたいと思います。

まずは、悪阻。

悪阻の原因と言われているのが、プロゲステロンという女性ホルモンです。

冷えが続くと、プロゲステロンの分泌を担う自律神経が乱れてしまいます。

自律神経が乱れると、プロゲステロンの分泌のバランスが崩れ、悪阻が悪化すると言われています。


悪阻が酷いと、仕事に行けなかったり、体重が落ちてしまうので、体力まで落ちてしまったり・・・

上にお子さんがいらっしゃれば、辛くても休んでばかりはいられませんよね。

冷えを気を付ける事で悪阻が軽減するのですから、プレママさんも、1人目の妊娠で悪阻が辛かった方も、是非見直して欲しいと思います。

そして逆子。

昔から、「逆子になったら足を温めろ」と言われています。

おばあちゃんの知恵袋ですね。


下半身が冷えていると、そこを廻ってきた血液も当然冷えます。

その冷えた血液が戻ってきた臓器もまた冷える訳です。

子宮も臓器ですから、当然冷えてしまいますよね。

赤ちゃんも寒い所は嫌なので、温かい所にいたいんです。

お母さんの心臓に近い方が温かいので、そちらに動いてしまい逆子になりやすいと言われています。


なので、お腹を冷やさないのはもちろんですが、下半身も冷やさない様に気を付けて下さいね。

意外と夏場に、薄着になって冷房も使っていると逆子になりやすいんですよ!

寒い時期だけではないんです。

是非覚えておいてほしいです。


妊娠すると体温が上がる為暑がり、冷えていないと思われている妊婦さんが多いです。

是非自分の足やお尻を触ってみて下さい。

冷たく感じる部分があれば冷えている証拠です。

冷え対策見直してみて下さいね。